ハンモック&ハンモックチェア専門店『ムラブリ ハンモック』のオフィシャルショップです。宜野湾市大謝名にハンモックの試乗もできるハンモックサロンをオープン!

ムラブリ ハンモックのロゴムラブリ ハンモックのロゴspacer3.gifムラブリ ハンモックへのお問合せムラブリ ハンモックへのお問合せ

ムラブリ ハンモックのオンラインショップへムラブリ ハンモックのオンラインショップへ

ムラブリハンモックを作る「森の民」ムラブリ族について

MAIN MENU

ムラブリ ハンモックのコンセプトムラブリ ハンモックのコンセプト

ムラブリ ハンモックを作るムラブリ族についてムラブリ ハンモックを作るムラブリ族について

ムラブリハンモックの ハンモックサロンムラブリハンモックの ハンモックサロン

ムラブリ ハンモックのタイプや楽しみ方についてムラブリ ハンモックのタイプや楽しみ方について

ムラブリ族

ムラブリ族は、タイ・ラオスの山岳地帯に住む少数民族です。
現在では人口約300人しか確認されておらず、民族としての消滅を心配されています。

「ムラブリ」とは彼らの言葉で「森の人」という意味です。
ムラブリ族は長い年月をかけて、他民族との接触を避けてジャングルの中を移動する生活をしてきました。
森の恵みである小動物や果実などを食料とする狩猟活動が中心です。
バナナの葉を屋根や寝床にした住居を作り、まわりに食料が少なくなると別の場所に移動する生活でした。ムラブリ族が去った跡には黄色く枯れたバナナの葉の住居が残されているだけなので「黄色い葉の精霊」とも呼ばれました。
「ムラブリ語」という言語はありますが、文字を持たないので文献が残っておらず、部族の起源など歴史的なことはほとんど判っていません。

ムラブリ族の村

ムラブリ族の子供たち

ムラブリ族の女性

ムラブリ族の女の子たち

20世紀後半、環境破壊によって彼らの生活は脅かされるようになりました。
森林伐採や焼畑農業でジャングルは減少し、食料事情は悪化するばかりで、狩猟生活を続けることができなくなります。
人口も約300人にまで減少してしまいました。

20~30年ほど前からムラブリ族のほとんどは、ジャングルを出て定住する生活になりました。
現在はチェンマイの東方ラオスとの国境近くの村に暮らしています。

集落をつくって各家族が家を持ち、野菜や穀物を作ったり家畜を飼うようになっています。
しかし狩猟生活を何百年も続けてきたムラブリ族にとって、農業はほとんど初めての体験です。生活条件はなかなか向上しません。
そんななかで、ムラブリ族の生活を向上させるためにハンモックづくりが試みられるようになります。

ムラブリ族が暮らす場所の地図

MLABRI GALLERY

ムラブリ族の人々の日常風景や仕事風景を写真で紹介。

mlabri1_s.jpgmlabri1_s.jpg

mlabri2_s.jpgmlabri2_s.jpg

ムラブリ ハンモックを紹介したメディアへムラブリ ハンモックを紹介したメディアへ

ムラブリ ハンモックの取扱店募集へムラブリ ハンモックの取扱店募集へ

ムラブリ ハンモックのリンクへムラブリ ハンモックのリンクへ

HAMMOCK SHOWROOM
ムラブリ ハンモックのショールーム
〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝名4-22-2
TEL 098-898-9428
お問合せ

navi_blog.jpg